小・中学生の親を対象にした心理教育的介入の効果  [in Japanese] EFFECTS OF PSYCHO-EDUCATIONAL APPROACH FOR PARENTS OF ELEMENTARY AND JUNIOR HIGH SCHOOL STUDENTS  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、小・中学生の親を対象に、心理教育的介入を行い、介入の前後で評価尺度の数値を比較することにより、効果を検証した。その結果、精神健康度、身体的症状及びうつ傾向が有意に改善し、自尊感情は有意に上昇した。また、子どもの成長に関する満足度及び理解度は、有意に高くなっていた。また、子どもの気持ちを今以上に理解したいとより強く思うようになる傾向があった。子どもの心の健康を促進するためには、親自身の精神的健康と子供に対する肯定的感情を増進し、家族のエンパワメントを図る必要性がある。今回のプログラムは、親を対象に行ったが、保健福祉におけるあらゆる集団に応用することが可能であると思われる。保健福祉支援は、当事者主体のセルフ・エンパワメント、ピア・エンパワメントを図ることで、より本来の目的を達することができる。本研究の成果は保健福祉の幅広い分野において、当事者、家族及びソーシャルサポートのエンパワメントを図るために、きわめて意味深いと考える。

The purpose of this study was to clarify the effect of psycho-educational approach for parents of elementary and junior high school students. The psycho-educational approach was designed to develop counseling mind and mental health through experiences in Structured Group Encounter and learning of counseling. The results of this study indicated that this approach is effective to enhance the mental health, self- esteem and positive feeling for children among parents. This psycho-educational approach can provide an example of preventive intervention for parents who have trouble with their children. And furthermore, the results of this study can be applied to services of health and welfare as empowerment approach for the person concerned, family and social support.

Journal

  • Japanese Journal of Human Sciences of Health-Social Services

    Japanese Journal of Human Sciences of Health-Social Services 11(1-2), 79-87, 2005

    Japanese Society of Human Sciences of Health-Social Services

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008729751
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1052650X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-8194
  • NDL Article ID
    7845840
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z6-B481
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top