再発見 : ニッポニウムの真実(ヘッドライン:化学史研究の現在と化学教育)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ニッポニウムは約100年前に小川正孝が発見した新元素であるが,その後幻の元素のようにいわれ,顧みられなくなっていた。最近小川論文の再検討がおこなわれ,さらに小川の遺品のX線分光写真の解読がおこなわれた結果,ニッポニウムは75番元素レニウム)であることが確実になった。ニッポニウムは国内外の元素事典上でよみがえり,小川は75番元素の実質的発見者と再評価された。

Journal

  • CHEMISTRY & EDUCATION

    CHEMISTRY & EDUCATION 55(6), 270-273, 2007

    The Chemical Society of Japan

References:  2

  • <no title>

    吉原賢二

    科学に魅せられた日本人, 2001

    Cited by (1)

  • <no title>

    吉原賢二

    化学者たちのセレンディピティー, 2006

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008732455
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10033386
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0386-2151
  • NDL Article ID
    8866937
  • NDL Source Classification
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL Call No.
    Z17-60
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top