大鳥圭介公使の朝鮮帰任(一八九四年六月)について Otori Keisuke, Minister Plenipotentiary to China and Korea, on the Eve of Japan-China War, June 1894

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小稿の目的は、生還を期せないとする悲壮な大鳥の覚悟はどのような文脈で発せられたのかを検討することにある。

収録刊行物

  • 熊本法学

    熊本法学 124, 75-91, 2011-11-30

    熊本大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008736978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00066957
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04528204
  • NDL 記事登録ID
    023758069
  • NDL 請求記号
    Z2-42
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ