改革プログラムのための技術経営に関わる人的資源配置問題の考察  [in Japanese] Fundamental Study on Human Resource Allocation for Technology Management Associated with Business Innovation Program  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

企業革新は、すなわち企業におけるビジネスモデルを変革することを意味する。ビジネスモデルが変化するとき、企業で必要とされる技術や人的資源の質・量も変化する。企業革新(改革)を行うプログラムでは、必要な技術と実働可能な人的資源を調整することが企業リエンジニアリング成功の鍵となる。本稿では、人的資源の適切な配置・配分に関する問題を考察し、技術や人的資源の経営的管理問題を、要求(量と質)と利用可能資源(量と質)の関係に一般化することで、熱エネルギーの有効利用手法として広く利用されているピンチテクノロジーが適用できることを明らかにする。さらに、戦略的技術経営に必要な人的資源計画の策定について示唆する。

In a corporate innovation program, the alignment of required technologies and available human resources is the key part of the corporate reengineering. Every corporate innovation has to revolutionize its business model. When the business model changes, the quality and the amount of the technology and the human resources needed in enterprise change. In this paper, the authors disclose the successful implication of the widely used "Pinch Technology" to the technology and human resource management based on the study of rationale for the generic task assignment problem. Additionally, the authors propose a strategic planning procedure for the said management.

Journal

  • Journal of International Association of P2M

    Journal of International Association of P2M 6(1), 83-93, 2011

    International Association of P2M

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008750026
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12550718
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top