逆フィルタ制御ホルマント推定における零交差情報の有効性  [in Japanese] Effectiveness of zero-crossing information in formant estimation using inverse filter control  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,逆フィルタ制御(IFC)法によるホルマント推定における零交差情報の有効性を,線形予測分析(LPC)法のスペクトル情報との比較において明らかにすることである。まず,両ホルマント推定法を用いて実音声から得たF_1-F_2ダイアグラム上に真の正規分布と見なされる領域を明示する「データ縮減法」を提案する。我々は,その分布の3σ楕円領域の外側にあるデータをホルマント推定のエラーと定義することにより,両方法のホルマント推定精度を比較する。その結果は,IFC法がLPC法よりも優れていることを示す。次に,その結果を,合成音声を用いたモンテカルロ法の精度チェックにより確認する。最後に,分析過程の視察に基づいて,IFC法が高精度になるのは,励振点付近の不規則な共振が,零交差周波数の荷重平均によって取り除かれることによると結論している。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 67(10), 459-469, 2011

    Acoustical Society of Japan

References:  24

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008750245
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    11266854
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top