E1 企業変革時の人的資源問題に関する考察(自由研究トラック,「産業構造転換と変革のためのプロジェクト・プログラム・マネジメント」-東日本大震災の教訓と日本復興のシナリオを探る-)  [in Japanese] E1 Technology and Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。変革後の事業プログラムに必要な人的資源の見積もりや、人材ポートフォリオの変更に関する指針を定式化できないか-事業プログラム運営に最適な人的資源の質と量を求め、活用する具体的なメソドロジが求められる。本稿では、先に発表したピンチテクノロジーを応用した人的資源の活用に関する研究成果を拡張して、より効果的に事業プログラムの実施に必要な人的資源(Work Sink)と企業で供給可能な現有の人的資源(Work Source)のマッチングに関するメソドロジに基づくピンチポイント(需要に対する供給の限界点)に遭遇した場合の解消方策について考察する。

In a corporate innovation program, the alignment of required technologies and available human resources is the key part of the corporate reengineering. In the previous work, the authors have presented the successful implication of the widely used "Pinch Technology" to the technology and human resource management based on the study of rationale for the generic task assignment problem. This paper is concerned with the extensive work on the application to eliminate a pinch point, so that more efficient resource allocation is expected.

Journal

  • Proceedings of International Association of P2M

    Proceedings of International Association of P2M 2011.Autumn(0), 169-180, 2011

    International Association of P2M

Codes

Page Top