2基のハイドロフォンアレイを用いたマッコウクジラの集団潜水行動への考察  [in Japanese] Consideration of diving behavior of sperm whales in a group using two hydrophone arrays  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

これまでに著者らは2基のハイドロフォンアレイを用いた複数のマッコウクジラを対象とする位置推定手法を提案した。この手法は,鳴音の到達時間差による到来方向推定時に,その到来方向をもとに鳴音をクラス分けすることで,複数のマッコウクジラの位置を推定する。本論文ではこの手法を改良し,途切れたクラスを直線近似を用いて結合するアルゴリズムを提案・実装し,これを評価する。また,解析により得られた5頭のマッコウクジラに関して,ICI(Inter Click Interval)から推測される鳴音のターゲットレンジとクジラ間の距離について考察する。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 67(11), 499-509, 2011

    Acoustical Society of Japan

References:  21

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008761876
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    023192121
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top