学校数学における経験的モデル化と理論的モデル化 : 双方の活動を経験できる教材とその教育的価値  [in Japanese] Empirical Modeling and Theoretical Modeling in School Mathematics : Development of the Teaching Material which an Experience the Activity of the Both Sides of Empirical Modeling and Theoretical Modeling  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿の目的は,1つの事象に対して,数学的モデル化の異なる側面として捉えることができる経験的モデル化と理論的モデル化が経験できる教材を開発するとともに,1つの事象を2つの活動から捉えることの教育的価値について考察することである.そのために,経験的モデル化と理論的モデル化の意味を明確にするとともに,双方の活動を経験できる教材を考える上で,重要になる点を考察した.そして,「スリップ痕の問題」を開発し,生徒が経験的モデル化と理論的モデル化の双方を経験することができることを示した.また,1つの事象を経験的モデル化と理論的モデル化の双方から考察することによって期待される教育的価値として,自立心の育成,事象を数理的に考察する方法の獲得,仮定の役割の理解,事象のより深い理解を挙げた.

Journal

  • Journal of Japan Society of Mathematical Education

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 93(11), 2-11, 2011-11-01

    Japan Society of Mathematical Education

References:  30

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008761991
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00285586
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0021471X
  • NDL Article ID
    023437251
  • NDL Call No.
    Z7-228
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top