Web 時代の識別子と典拠を考える Identifier and authority in web era

この論文をさがす

著者

抄録

インターネット時代において情報の同定のために識別子や典拠といったメタデータが重要になっている。本稿ではWebにおける情報の識別,構造化という問題を概観する。まず情報の識別にはWebで利用できる識別子が必要である。Webでの識別子はURIを持ち,関連情報を提供する仕組みが必要である。既存の識別子ではISBNはWeb上の識別子にならないが,DOIは該当する。情報の構造化には,キーワード・用語,統制語彙・典拠,タキソノミー,シソーラス,オントロジーと構造化の程度の違う仕組み(概念のシステム)が現在用いられている。統制語彙・典拠のレベルでは図書館からの件名標目や典拠の公開が盛んになっている。タキソノミーの例としては生物分類を挙げ,Webに適応する部分としない部分があることを指摘した。オントロジーとしては汎用な上位オントロジーや分子生物学で用いられるGene Ontologyなどを挙げた。全体的にはより構造化を強める方法へ進んでいる。今後は,識別子も概念のシステムもよりいっそう進み,競争が激しくなるであろう。

In this article, I overview the systems of identifying and organizing information on the web. Firstly I introduce the systems of identifiers on the web. It requires assurance of identification on web which is ensured by adopting URI and providing information for identifiers which is realized by various methods. Secondly I show the system of concepts as the method of organizing information, which includes vocabulary, controlled vocabulary, taxonomy, thesaurus, and ontology. As controlled vocabulary, I introduce authority files many of which are recently published as LOD. As taxonomy, I explain biological classifications which are to publish on the web. Ontology which is the most organized system is now applying some domains, in particular biology. I show gene ontology as an example of ontology.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 61(11), 441-446, 2011-11-01

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 専門用語の標準化

    太田 泰弘

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 63(1), 36, 2013-01-01

    参考文献4件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008762167
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    11286339
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ