Web上に公開される著者のデータベースと識別子(<特集>典拠・識別子の可能性:ウェブ・オントロジーとの関わりの中で) Author databases and identifiers on the web(<Special feature>The possibility of authorities and identifiers: in the relation with the web and ontologies)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

様々な学術情報がWeb上に展開されるようになって以来,著者に対する典拠の重要性は,昨今増しているように思われる。少なくとも著者や機関の識別子が重要視され,様々なデータベースを背景としたそれら識別子がWeb上に展開されるようになってきている。本稿では,こういった著者のデータベースと識別子に焦点を当て,どのようなデータベースと識別子がWeb上に公開されているのかを整理して概観する。まず,著者データベースの類型について述べる。そして,それらのデータベースからWeb上に著者識別子が公開され,Web上の著者識別子のリンケージをとり,コミュニティ形成によってリンケージ精度を向上していく展開となることを述べる。さらに,様々な人名検索サービスを眺めながら,著者データベースの位置づけを明確化する。最後に学術情報基盤としての重要性を指摘する。

The name authorities for authors increasingly become important for scholarly communications since a variety of information have been spreading over the web. Author databases and its identifiers have been open in a public. This article focuses on these author databases and identifiers, and surveys them. At first, types of author databases are definitively described. Then, it is explained that these author databases are in a public on the web, and author identifiers have linkages among them, and accuracy of the linkage will be leveraged by author community. Further, the position of author databases is clarified by referencing general people searches. Finally, this article states the importance of author databases and identifiers for future scholarly communication infrastructure.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 61(11), 447-452, 2011

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  46件中 1-46件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008762168
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    11286353
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ