国立国会図書館の典拠データ提供におけるセマンティックウェブ対応について(<特集>典拠・識別子の可能性:ウェブ・オントロジーとの関わりの中で) National Diet Library's approach to Semantic Web on the distribution of authority data(<Special feature>The possibility of authorities and identifiers: in the relation with the web and ontologies)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 良 SATO Ryo
    • 国立国会図書館収集書誌部収集・書誌調整課:(現)国立国会図書館電子情報部電子情報流通課 National Diet Library, Japan Acquisitions and Bibliography Department, Acquisitions Administration and Bibliographic Control Division

抄録

国立国会図書館(NDL)は,書誌データの開放性・利用可能性を向上させる取り組みの1つとして,書誌データ提供におけるセマンティックウェブ技術への対応を進めている。この一環として,2010年6月には「ウェブ版国立国会図書館件名標目表(Web NDLSH)」,2011年7月には提供範囲を全典拠レコードに拡大し,システムの機能を拡張した「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」の開発版をリリースした。「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」の開発版では,典拠データをRDFモデルにより表現し,Linked Dataのスキームに準拠する等,セマンティックウェブ技術に対応した形式により提供している。本稿では,当サービスの概要,提供する典拠データの内容,RDFモデルの設計等について紹介をする。

The National Diet Library (NDL) has applied the Semantic Web technology to the distribution of bibliographic data in order to improve its openness and availability on the Web environment. At the first step, NDL released "Web version of National Diet Library Subject Heading (Web NDLSH)" in June 2010, and then "Web NDL Authorities (BETA)" in July 2011, which expanded the range of offering data to all authority records and the functions. Web NDL Authorities(BETA) provides authority data in the form suited to the Semantic Web technology, i.e. in RDF model and Linked Data schemes. This paper explains the brief introduction of this service, the contents of authority data, the design of RDF model, and so on.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 61(11), 453-459, 2011

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008762169
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    11286371
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ