アジア人財コースの自立化を目指した試行授業 : 共通教育科目への取り込み  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

アジア人財資金構想のコース終了に伴い、同コースの内容を共通教育の「日本事情」に取り込む試みを行った。大学にはアジア人財の自立化が求められており、教育部分は既存の授業に移行させる計画である。当初はアジア人財コースと同じ内容を行う予定だったが、学生の構成やニーズの違いで、より日本語と日本事情に中心を置く授業を行うことになった。今後は、単なる就活や就職に焦点をあてたものではなく、学生のニーズに合わせたものに作り替え、また日本学生も参加可能な魅力的で効果的な授業を考えていきたい。

Journal

  • 徳島大学国際センター紀要・年報

    徳島大学国際センター紀要・年報 (7), 1-4, 2010

    The University of Tokushima

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008790845
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12549989
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2186-2850
  • NDL Article ID
    023655502
  • NDL Call No.
    Z72-D330
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top