レファレンス質問への回答を可能にしたレファレンスブックの特性に関する研究 A Study of the Characteristics of Reference Books Which can be Used to Answer Reference Questions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的はレファレンスサービスにおいてI「実際の調査によく使用されるレファレンスブック」とII「回答を可能としたレファレンスブック」,及びIII「レファレンス事例の主題別頻出レファレンスブック」を明らかにすることである。レファレンスサービスの事例を蓄積したものとして,国立国会図書館の「レファレンス協同データベース」がある。そこで本研究では「レファレンス協同データベース」のレファレンス事例を対象とし,その調査過程及び回答に用いられたレファレンスブックの抽出・分析を行った。分析の結果,I・IIについて出現頻度上位100位以上のリストを得るとともに,IIIについて出現頻度上位20位以上のリストを得ることができた。その多くは一般的に基礎的なレファレンスブックと考えられたものであり,今回の研究の結果それが事実であることを確認できた。

The purpose of this study is to identify (1) the reference books which are often used for answering reference questions, (2) those which may be useful for such a purpose, and (3) the subjects of such reference books. The authors obtained and analyzed the bibliographic data of the reference books found in reference transaction records of the Collaborative Reference Database, which are managed by the National Diet Library of Japan. As a result, lists, in terms of frequency of reference term appearance, of the top 100 reference books for (1) and (2), and the top 20 reference books for (3) were produced. Many of them have been generally considered to be fundamental reference books, and the results of this study validate that belief.

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 57(3), 88-102, 2011

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008798556
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-8668
  • NDL 記事登録ID
    023379399
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ