カベアナタカラダニの短期接触による皮膚障害発生の可能性 The possibility of skin disorders caused by Balaustium murorum (Acarina : Erythraeidae) in short term contacts

この論文をさがす

著者

抄録

カベアナタカラダニ(Balaustium murorum)はわが国の都市部における不快害虫である.住民はこのダニの害,特に刺されることを心配している.このダニが人を刺して痒みや皮疹を起こすのか明らかにするため,人の皮膚に6ないし24時間接触させ,その後の皮膚の状態を観察した.生きているダニは痒みを起こさず,刺したり皮疹を生じさせたりすることはほとんどないと考えられた.しかし,潰したダニを24時間接触した被験者に赤い皮疹が生じた.ダニの体液が皮膚障害を発生させたと思われた.ダニを潰してその体液を皮膚に付けないよう注意する必要がある.

The erythraeid mite Balaustium murorum (Hermann) is a nuisance in urban areas of Japan. Some residents worry about mite-induced harm, especially regarding bites. To determine whether B. murorum causes skin disorders, mites were kept in contact with human skin for 6 or 24 hours, and the skin condition was observed. Living mites did not cause itching in these experiments. It appeared that the mites seldom bit human skin and caused dermatitis; however, one volunteer had a red skin rash after 24-hour contact with crushed mites. The mites' body fluids seemed to cause the skin disorders. Care should be taken to avoid crushing mites and to prevent their body fluids from coming in contact with skin.

収録刊行物

  • 都市有害生物管理

    都市有害生物管理 1(2), 111-117, 2011-12-20

    日本家屋害虫学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008798931
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12534176
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    21861498
  • NDL 記事登録ID
    023445340
  • NDL 請求記号
    Z74-H134
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ