モデル献立調理時のエコ・クッキングによる排水汚濁負荷削減効果の分析 Water Pollution Reduction by Eco-cooking for a Model Menu

この論文をさがす

著者

抄録

生活排水,特に台所排水は水質汚濁の大きな要因である。先行研究により,家庭においてエコ・クッキングに取り組むことで,水使用量は約60~80%の削減効果があることが確認されている。本研究ではエコ・クッキングの水質汚濁負荷削減効果について検証することとし,日本料理モデル献立を選択し,家庭で行われている通常の調理法と,エコ・クッキング法とで,水の汚濁度をCOD,全リン,全窒素の測定により比較した。<br>その結果,水の使用量86%,COD量82%,全リン量80%,全窒素量85%の削減効果が得られ,下準備,調理,調理器具洗浄,食器洗浄のいずれの調理工程においても削減効果を確認した。中でも,洗い桶を活用し水を汚さない,無洗米を使用しとぎ汁を排出しない,洗う前に汚れを古布で拭き取る,適量の洗剤を使用する取り組みが効果大であった。<br>合わせて,西洋料理,中国料理モデル献立において検証実験を行ったところ,献立に関わらず,水使用量および水質汚濁負荷削減効果が確認できた。

The kitchen drain is a major contributor to water pollution in daily life. This study clarifies the effect of the eco-cooking method on reducing water pollution. A Japanese food model menu was used to compare the water pollution level by measuring the amount of water used, COD, total phosphorus, and total nitrogen resulting from preparing the menu by the normal cooking method and the eco-cooking method.<br>The amount of water used, COD, total phosphorus, and total nitrogen were respectively reduced to 86%, 82%, 80% and 85% by using the eco-cooking method. The effect on the reduction was confirmed in each process of cooking, washing utensils, and washing dishes. Four factors were particularly effective for reducing water pollution: using a bowl for washing, using no-wash rice, wiping off dirt from ingredients, and using the proper quantity of detergent. The effect was confirmed by using a different menu.

収録刊行物

  • 日本調理科学会誌 = Journal of cookery science of Japan

    日本調理科学会誌 = Journal of cookery science of Japan 44(6), 367-374, 2011-12-05

    一般社団法人 日本調理科学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008800133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10471022
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411535
  • NDL 記事登録ID
    023355021
  • NDL 請求記号
    Z6-1906
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE  NDL-Digital 
ページトップへ