ERATO湊離散構造処理系プロジェクトの概要と最近の研究状況について ERATO MINATO Discrete Structure Manipulation System Project and Recent Research Activities

この論文をさがす

著者

    • 湊 真一 MINATO Shin-ichi
    • 北海道大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University

抄録

計算機が扱う問題の多くは,離散構造の処理を基盤としている.近年,論理や集合のような基本データ構造を効率よく処理する「BDD」「ZDD」と呼ばれるデータ構造とアルゴリズムが様々な分野で活用されている.このような技法をベースとして,種々の離散構造を統合的に演算処理する技法を体系化し,分野横断的かつ大規模な実問題を高速に処理する技術基盤を構築することを目標として,「ERATO湊離散構造処理系プロジェクト」が2009年10月にJSTにより採択された.2010年4月より5年間の計画で,本格的な研究活動が開始されている.本講演では,プロジェクトの概要を紹介するともに,情報ネットワーク技術に関連する最近の研究活動状況について述べる.

Discrete structure manipulation is a fundamental technique for many problems solved by computers. Recently, BDD (Binary Decision Diagram) attracts a great deal of attention, because it efficiently manipulates basic data structures such as logic and sets. In order to organize an integrated method of algebraic operations for manipulating various types of discrete structures, and to construct standard techniques for efficiently solving large-scale and practical problems in various fields, JST started a new project: ERATO MINATO Discrete Structure Manipulation System Project, which authorized in October 2009. The main research activity is started from April 2010 and continues for five years. In this talk, we will present an overview of the project and recent research activities related to information network techniques.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 111(146), 51-56, 2011-07-14

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008800354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11200314
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ