重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法 An SSE-Based Method for Increasing Throughput of SHA-1 Computation for Deduplication Storage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,重複排除ストレージのための SHA(Secure Hash Algorithm)-1 計算の高速化を目的として,SSE(Streaming SIMD Extensions) 命令に基づくスループット向上手法を提案する.提案手法は,異なる入力ファイルに対する処理が独立であることに着目し,SSE 命令によるベクトル処理および OpenMP によるマルチスレッド処理を併用する.実験では,単一ファイルを並列処理する既存手法と比較して 1.5 倍の速度向上を得ている.このときの実行効率は 93% に達し,計測したスループット 80 Gbps は PCI Express の実効帯域幅を超えている.したがって,重複排除ストレージにおける性能ボトルネックを除去できていると考える.This paper presents a streaming SIMD extensions (SSE)-based method for increasing the throughput of secure hash algorithm (SHA)-1 computation for deduplicated storage systems. Our method exploits the data independency between different input files, realizing SSE-based vectorization and OpenMP-based multithreaded execution. In experiments, we achieve a speedup of 1.5 times over a previous method that parallelizes computation for a single file. This leads to an efficiency of 93% and the measured throughput reaches 80 Gbps, which is higher than the effective bandwidth of the PCI Express bus. Thus, we think that our method eliminates a performance bottleneck of deduplicated storage systems.

収録刊行物

  • 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2012-HPC-133(31), 1-7, 2012-03-19

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008803066
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10463942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ