症例報告 長崎県下初の脳死肺移植術の経験 : 国内最長距離を搬送した脳死肺移植  [in Japanese] Case report : A first experience of cadaveric lung transplantation in Nagasaki  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

今回、我々は肺リンパ脈管筋筋腫症患者に対して、長崎県下初の脳死肺移植を施行したので報告する。症例は43歳女性。2002年に胸部異常陰影を指摘された。経過中に気胸を繰り返し、肺リンパ脈管筋腫症と診断された。その後在宅酸素療法となり、徐々に呼吸状態が悪化していった。内科的治療も困難となり2008年5月に脳死肺移植登録となった。約2年半の待機期間を経過し脳死ドナーが発生した。長崎大学大学院腫瘍外科にて、長崎県下初の脳死肺移植を施行した。提供病院との往復、ドナー肺採取術も迅速かつ安全に施行した。術後経過は良好で退院し、現在酸素フリーで生活中である。

Journal

  • Nagasaki Igakkai zasshi = Nagasaki medical journal

    Nagasaki Igakkai zasshi = Nagasaki medical journal 86(4), 195-200, 2011-12

    Nagasaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008897041
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00275753
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0369-3228
  • NDL Article ID
    023647092
  • NDL Call No.
    Z19-185
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top