箱根駅伝予選会での予選通過に関する確率計算  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

箱根駅伝予選会では,出場校は出走選手12名中上位10名の合計タイムを競い,上位9校(ないしは10校)が予選通過となる.本稿では,各選手のタイムが独立な正規分布に従うという前提の下で,各校のレースタイムの確率分布,予選通過タイムの確率分布ならびに各校の予選通過確率を求めるための計算方法を提案する.数値例として,第88回箱根駅伝予選会のデータを基に,選手のタイムの標準偏差を設定したときの,予選通過タイムや各校の予選通過確率の計算結果を示すとともに,選手個々が予選通過に与える影響についても言及する.

Journal

  • [O]perations research as a management science [r]esearch

    [O]perations research as a management science [r]esearch 57(1), 5-10, 2012-01-01

    The Operations Research Society of Japan

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008898089
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364999
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL Article ID
    023395332
  • NDL Call No.
    Z4-108
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top