自然セラピーとリラックス(ヘッドライン:リラックスの化学~リラックスに関わる物質について~)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

人の生理機能は,自然対応用にできていると考えられており,現代のストレス社会における自然環境(要素)の利用に社会の関心が高まっている。それに対し,ここ数年の生理的評価システムの進歩により,自然セラピーがもたらす生理的リラックス効果に関するデータが蓄積されつつある。本章においては,自然セラピーの概念,生理的評価法ならびにフィールド・室内実験データ等を示し,この分野における最近の急速な進歩を紹介する。

Journal

  • CHEMISTRY & EDUCATION

    CHEMISTRY & EDUCATION 59(8), 406-409, 2011

    The Chemical Society of Japan

References:  6

  • <no title>

    森本兼曩編

    森林医学, 2006

    Cited by (1)

  • <no title>

    大井玄編

    森林医学 II, 2009

    Cited by (1)

  • <no title>

    宮崎良文

    森林浴はなぜ体にいいか, 2003

    Cited by (1)

  • <no title>

    恒次祐子

    木材工業 60, 598, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    PARK B. J.

    Environ Health Prev Med. 15, 18, 2010

    Cited by (1)

  • <no title>

    TSUNETSUGU Y.

    Environ Health Prev Med. 15, 27, 2010

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008898191
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10033386
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0386-2151
  • NDL Article ID
    11214022
  • NDL Source Classification
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL Call No.
    Z17-60
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top