クラウドコンピューティング基盤のための統合運用管理技術の提案 Proposal on Integrated Operations Management Technology for Cloud Infrastructure

この論文をさがす

著者

    • 田中 剛 TANAKA Tsuyoshi
    • 株式会社日立製作所 中央研究所 プラットフォームシステム研究部 Platform Systems Research Department, Hitachi, Ltd., Central Research Laboratory
    • 川本 真一 KAWAMOTO Shinichi
    • 株式会社日立製作所 中央研究所 プラットフォームシステム研究部 Platform Systems Research Department, Hitachi, Ltd., Central Research Laboratory
    • 上原 敬太郎 UEHARA Keitaro
    • 株式会社日立製作所 中央研究所 プラットフォームシステム研究部 Platform Systems Research Department, Hitachi, Ltd., Central Research Laboratory

抄録

業務システムのコスト削減や柔軟性向上のため,クラウドコンピューティングの本格的利用が加速しているが,今後さらなる普及に向けて,よりセキュアなサービスの提供と低コスト化が必要である.多数のテナント企業をホストするクラウドにおいてセキュリティを高めるには,テナント間の分離性の保障が重要である.また,低コスト化に向けては,少ない機器で多くの企業をホストしつつ,テナントの負荷変動に対応してリソース割り当てを動的に変更する動的高効率運用と,自動化による運用管理コストの削減が必要である,本稿では,テナント間の分離性保障,動的高効率運用,および運用管理コスト削減の三つの課題を解決する統合運用管理技術を提案する.

The Use of Cloud Computing services have become more popular in order to reduce costs and increase flexibility. For further spread, more secure services and cost reduction are required. In order to enhance security for multi-tenant Cloud Computing services, tenant isolation is important. For lower costs, hosting more companies with less IT resources, dynamic high-efficiency operation which is dynamic resource allocation technique in response to changing workload conditions, and reduction of operational management costs by automating configuration change are required. In this paper, we propose integrated operations management technology to meet the three requirements which are ensuring isolation between tenants, dynamic high-efficiency operation, and reduction of operational management costs.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 111(255), 91-96, 2011-10-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008900042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013141
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    023343232
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ