ヒト視運動性反応の空間周波数依存性 Optokinetic responses in humans : Dependence on spatial frequency of drifting sinusoidal gratings

この論文をさがす

著者

抄録

視運動性反応は広い視野の動きによって誘発される眼球運動反応である。視覚刺激の速度のステップ状の変化で誘発される眼球運動反応から、霊長類の視運動性反応は早い立ち上がりの応答成分と緩やかな遅い応答成分の二つに分けることができる。この二つの成分の視覚応答特性の理解は、日常の視覚環境の中で私たちの視運動性反応がどのように機能するかを理解する上で重要な要素である。本研究では、ヒトの視運動性反応の開始時の眼の動きと、視運動性反応の定常状態の眼の動きを対象としてその視覚応答特性を調べる。様々な空間周波数を持つ正弦波クレーディンク刺激を動かすことによってヒト被験者の視運動性反応を誘発し、その眼球運動反応の異なる二つの時間区間における空間周波数に対する依存性を調べた。その結果、開始時の眼の動きと定常状態の眼の動きでは異なる空間周波数応答特性を持つことがわかった。霊長類の視運動性反応の早い立ち上がりの成分と緩やかな遅い応答成分に関わる主要な神経機構は異なると考えられているが、本研究の結果はその神経機構の性質の違いを反映している可能性がある。

Optokinetic responses (OKRs) are reflexive eye movements elicited by moving visual patterns. Several studies have shown that the slow-phase velocity of the OKR in primates in response to steps in stimulus velocity was composed of two components, a rapid rise followed by a slower rise to a steady state. This study was undertaken to understand the visual response characteristics of these two components of human OKRs, which in turn reveals how the OKRs function in our daily life. We recorded the human OKRs to drifting vertical sinusoidal gratings of different spatial frequencies, and studied with particular focus on spatial-frequency dependence during initial open-loop period and that during sustained period following initial rise in eye velocity. The eye movements during the open-loop and sustained periods showed different dependence on spatial frequency of the motion stimuli, suggesting a difference in visual response characteristics of the neural structures underlying two components of the OKRs.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 111(241), 5-10, 2011-10-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008900420
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023340578
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ