災害発生時における情報伝達手段に関する指導内容の検討 (日本教育情報学会 第27回年会 教育情報のイノベーション--デジタル世代をどう導くか) -- (教師教育・教員研修)

この論文をさがす

著者

抄録

2011年3月に発生した東日本大震災により,福島第一原子力発電所の原子炉は緊急に自動停止したものの,原子炉格納容器につながる圧力抑制室が破損し,核燃料棒に含まれる高レベルの放射性物質が大量に外部に漏出する大事故を起こし,未だ収束していない。これら地震などの発生時には,インターネットや携帯電話などの,情報通信ネットワークが通常のよう機能せず,情報伝達の機能が麻痺した。このような状態において,より適切に情報を伝達する手段とその仕組みを生徒に指導するための枠組みを検討した。

収録刊行物

  • 年会論文集

    年会論文集 27, 214-217, 2011-08

    日本教育情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008902253
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11400083
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • NDL 記事登録ID
    11261782
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-T99
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ