植物香気成分の示す多様な作用とその臨床応用(講座:香気成分の化学 1)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

植物香気成分は,漢方治療や食品,森林浴など,広く治療に用いられてきている。消化管機能の亢進作用はよくわかってきており,広く臨床応用もされている。中枢への影響は古くから知られているが,効果や機序の詳細については不明な点が少なくない。最近,ストレスや性機能に対する香気成分の作用が判り始めてきている。また,香気成分の中にアレルギーを生じやすいものがあるが,その機序も判るようになってきた。エビデンスに基づいたアロマセラピーの確立が急務である。

収録刊行物

  • 化学と教育

    化学と教育 51(2), 118-121, 2003

    公益社団法人 日本化学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    川端一永

    別冊 医学のあゆみ 代替医療の今 78, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    田代眞一

    Methods in Kampo Pharmacology 1, 39, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    田代眞一

    Methods in Kampo Pharmacology 2, 4, 1997

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008905987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10033386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0386-2151
  • NDL 記事登録ID
    6469836
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-60
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ