銀イオンや銅イオンの抗菌性 : 作用メカニズムと微生物適応戦略(講座:教育現場における学生からの素朴な疑問4)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

銀や銅元素などの金属元素は,金属固体,金属イオン,金属錯体など様々な形態をとり,それぞれ特徴的な性質を示し,工業的に幅広く利用されている。近年,清潔志向ブームや微生物危害を軽減する目的で抗菌剤の需要が増えている。特に,銀や銅イオンの安全性の高さから抗菌性素材としての利用が注目されている。本講座では金属イオン,特に銀イオンや銅イオンに着目し,その抗菌性および抗菌メカニズムについての最近の知見を紹介する。また,抗菌剤利用による問題点である抗菌剤耐性菌の知見についても同時に紹介する。

収録刊行物

  • 化学と教育

    化学と教育 53(5), 288-291, 2005

    公益社団法人 日本化学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    HUGO W. B.

    The Principles and Practice of Disinfection, Preservation, and Sterilization, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    大谷朝男

    多様化する無機系抗菌剤と高度利用技術, 1999

    被引用文献1件

  • Microbial heavy-metal resistance

    NIES D. H.

    Appl. Microbiol. Biotechnol. 51, 730-750, 1999

    被引用文献7件

  • <no title>

    MATSUMURA Y.

    Appl. Environ. Microbiol. 69, 4278-4281, 2003

    被引用文献7件

  • <no title>

    GUPTA A.

    Nature Med. 5, 183-188, 1999

    被引用文献4件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008906615
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10033386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03862151
  • NDL 記事登録ID
    7365504
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-60
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ