消えてしまったインクの話(ヘッドライン:化学を学習する意識-市民として必要な基礎・基本の化学II)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

万年筆のブルーブラックインクは,鉄イオンが空気中で酸化することを利用しつくられてきた。生徒自身がインクをつくることで,酸化還元反応や陽イオンの学習において興味を持たせることができるのではないだろうか。ブルーブラックインクからインク消しまで,簡単な操作で,短時間に,失敗なく,本物に近いものをつくることを目標とした。

収録刊行物

  • 化学と教育

    化学と教育 54(4), 196-197, 2006

    公益社団法人 日本化学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • <no title>

    上野景平

    キレート化学

    被引用文献1件

  • <no title>

    原三正

    お歯黒の科学

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008906806
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10033386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03862151
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ