終末期患者・家族に関わる看護師の葛藤に関する文献研究  [in Japanese] Conflict for Nurses Regarding Terminal Patients and Their Families: Literature Review  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 柳澤 恵美 Emi Yanagisawa
    • 関西看護医療大学看護学部老年看護学 Kansai University of Nursing and Health Sciences, Faculty of Nursing, Gerontological Nursing
    • 金子 昌子 Syoko Kaneko
    • 獨協医科大学看護学部老年看護学 Dokkyo Medical University, Faculty of Nursing, Gerontological Nursing
    • 神山 幸枝 Yukie Kamiyama
    • 関西看護医療大学看護学部老年看護学 Kansai University of Nursing and Health Sciences, Faculty of Nursing, Gerontological Nursing

Abstract

本研究は、終末期にある患者・家族と関わる看護師の葛藤に関する文献を整理し、研究の動向を把握することで、看護師が終末期医療の現場で抱く葛藤の内容と対処を見出すことを目的とした。医学中央雑誌により1991年から2011年の国内文献を検索し、該当する24件を対象文献とした。「葛藤の内容」を分析したところ、看護師は【理想とする看護】を抱きながら終末期患者・家族と関わるが、【看護師自身の未熟さ】や【医師や他のスタッフとの連携がうまくいかない】こと、【不十分なケア環境】などにより、【理想とするケアができない】状況に葛藤を抱いていた。そして、その結果として【罪悪感】を感じていた。「葛藤への対処」は【問題状況への対処】と【自分自身の安定に向けての対処】が見出されたが、罪悪感まで抱く看護師にとって、この対処では不十分であると考えられた。そのため、看護師が行ったケアを認めることができるよう、そして理想とするケアが行えなかった原因の重きを自分の未熟さに置くのではなく、普遍的な限界であったと判断できるようにサポートしていくことが必要であると考えられた。

Journal

  • 関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 4(1), 23-29, 2012-03

    Kansai University of Nursing and Health Sciences

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008913727
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12398668
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1883-5686
  • Data Source
    NII-ELS  IR 
Page Top