理科教科書の記述における問題解決の流れの分析--小学校5年生「生物とその環境」を事例として  [in Japanese] Analysis of Sequences of Problem Solving on The Descriptions of School Science Textbooks: In The Case of "Living Things and Its Environment" in 5th Grade Elementary School Science  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

OECDのPISA調査において「科学的な疑問を認識する」「現象を科学的に説明する」に関する問題の得点が低いことに着目し, 日本の小学校における理科学習における問題解決の流れの特徴を明らかにすることを目標とした。そのため, 教科書を実行されたカリキュラムとみなし, 全国的に使用されている5社の理科教科書の分析に取り組んだ。小学校第5学年「A 生物とその環境」の内容を事例として分析したところ, 問題解決の流れに3つのパターンが見いだされた。

Journal

  • Journal of the Research Center for Educational Practice

    Journal of the Research Center for Educational Practice (18), 109-117, 2010

    Miyazaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008919861
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1183854X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13478788
  • NDL Article ID
    10987961
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-B281
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top