中学校理科教科書における問いの分析 : 物理領域と化学領域における問いの特徴と傾向  [in Japanese] An Analysis of Questions in Lower Secondary Science Textbooks : The Feature and Tendency of Questions in the Contents Area of Physics and Chemistry  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

OECDのPISA調査で「科学的な疑問を認識する」に関する課題の得点が低いことに着目し, 中学校理科教科書における物理領域と化学領域の問いの種類と頻度を分析し, その特徴と傾向を明らかにした。 物理領域では「どんな」という言葉を使って, 関係を聞く問いが多いという特徴や, 「どうなって」 という言葉を使った問いが多いという傾向があった。 化学領域では肯定か否定で答えられるような絞り込まれた問いや, 「どんな」という言葉を使った問いが多いという傾向があった。

Journal

  • Journal of the Research Center for Educational Practice

    Journal of the Research Center for Educational Practice (20), 169-183, 2012

    Miyazaki University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008919950
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1183854X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1347-8788
  • NDL Article ID
    023624506
  • NDL Call No.
    Z7-B281
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top