社会福祉援助技術としての葬儀 : ターミル・グリーフケアの狭間に  [in Japanese] Funeral-Related Issues as a Part of Social Work : Dealing with a Discrepancy Between End-of-Life and Grief Care  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

遠からぬ死を悟った高齢者が,自らの死後の扱いを懸念し,そのことを言いたくて/言えないでいることは稀でない。彼(女)らの悩みはスピリチュアリティ,他者の中に残る自己,自然との合一といった側面に限らない。遺体がいかに処置され,誰が引き取り,いつ火葬を行い,埋葬や遺骨の管理はといった,葬儀とそれに付帯する事項が重要な位置を占めているのである。例えば葬儀は時間軸上死後でありながら,まだ見ぬ"あの世"とは違って,数日内に必発する予測可能な現世のできごとである。高齢者は葬儀を,自らの生の延長線上に見据えている。しかし,本人が亡くなってから発来する事象は当然のように生前のケアより外され,グリーフケアが適応されるのは専ら遺族である。この狭間に援助者は葬儀の捉え所を失い,高齢者の想いへ応えられなかったのではないか。葬送に関する話題をターミナルケアに携わる援助者が積極的に,高齢者本人へ向けて取り上げるべきだし,その行為は専門家だけに委ねられたものでない。葬儀終末期看取りグリーフターミナルケア

Journal

  • 佛教大学大学院紀要. 社会学研究科篇

    佛教大学大学院紀要. 社会学研究科篇 (40), 1-17, 2012-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008920910
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12387956
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-4000
  • NDL Article ID
    023564472
  • NDL Call No.
    Z71-X644
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top