原発労働をめぐる労働法的考察 Looking at Nuclear Power Workers and Labor Law

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は、原子力発電所の現場の最前線で働く労働者の労働法上の問題について検証し、とりわけ東日本大震災後の東京電力福島第一原子力発電所で働く労働者に対して、いかに労働者の安全と労働者としての権利を守りうるか考察するとともに、今後の展望を示すことを目的とするものである。

This work will look at labor law issues concerning those working on site and on the front line in thebattle to operate and secure nuclear power plants. In particular, I intend to investigate the degree towhich workers' safety and rights are protected at Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant in the wakeof the Great East Japan Earthquake of March 11, 2011. Finally, I will consider future prospects.

収録刊行物

  • 実践女子大学人間社会学部紀要

    実践女子大学人間社会学部紀要 8, 81-94, 2012-03-31

    実践女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009001804
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12048098
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18800009
  • NDL 記事登録ID
    023920351
  • NDL 請求記号
    Z71-N981
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ