18~19世紀における ロンドンの貧民とワークハウス -セント・アンドルー・アンダーシャフト教区の場合- The Poor and Workhouse in 18th and 19th Century London - On The Parish of St Andrew Undershaft

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近世以降に多数設立されるワークハウスという施設は,イギリスの貧民政策にとって極めて重要な制度であった。だが,そうした施設の活動実態等についての具体的研究は,これまであまり試みられてこなかったと言える。本稿では,ロンドンのセント・アンドルー・アンダーシャフト教区のワークハウスに関して,その『委員会議事録』を史料として,設立当初の活動と1834年の救貧法改正後の動きについての個別研究を試みている。特に,ワークハウスの設立目的とされる院外救済の制限が実際に実現されていたかどうかに着目して,設立当初と100年後の状況を比較検証している。

収録刊行物

  • 京都学園大学経営学部論集

    京都学園大学経営学部論集 21(2), 1-30, 2012-03-01

    京都学園大学経営学部学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009209457
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10377942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0916-734X
  • NDL 記事登録ID
    023602749
  • NDL 請求記号
    Z4-1279
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ