下肢荷重率と片脚立位時間の関連 : 整形外科疾患群での検討 The relationship between weight bearing rate and one leg standing time : The study of orthopedic disease

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,整形外科疾患群を対象に片脚立位時間と下肢荷重率の関連について検討した. 対象は中高年整形外科疾患患者30名(男性5名,女性25名,年齢76.3±10.6歳)である. 同日に左右の開眼片脚立位時間と下肢荷重率を測定した.下肢荷重率の測定は再現性を検討するため日を変えて2回目を実施した.下肢支持性の指標として,アニマ社製μTas-ME01を用いて椅子座位下腿下垂位での等尺性膝伸展筋力を測定した. 1日目と2日目の下肢荷重率の級内相関係数は,右下肢荷重率0.962,左下肢荷重率0.982と有意な相関を認めた.左右ともに片脚立位時間が5秒以上の脚では下肢荷重率はほとんどの症例で90%以上を示し,片脚立位時間の大小は下肢荷重率に影響を与えなかった.一方,片脚立位時間が2秒未満の脚では,ほとんどの脚において下肢荷重率は80%未満となった.片脚立位時間が2秒未満の脚では下肢荷重率と膝伸展筋力の間にr=0.71の有意な相関を認めた. 以上のことから,片脚立位時間が5秒以上の症例では,下肢荷重率の測定意義は小さいものと考えられた.

収録刊行物

  • 高知リハビリテーション学院紀要

    高知リハビリテーション学院紀要 13, 13-15, 2012-03-31

    高知リハビリテーション学院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009322448
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11643653
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13455648
  • NDL 記事登録ID
    023834751
  • NDL 請求記号
    Z74-B959
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ