脳卒中片麻痺患者における屋内歩行の自立に影響する要因  [in Japanese] Factors which influence an independent indoor gait of hemiplegic patients  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 益田 成美 Masuda Narumi
    • 医療法人恵明会整形外科松元病院リハビリテーション科 Department of Rehabilitation,Matsumoto Orthopedic Hospital
    • 豊丸 慶蔵 Toyomaru Keizou
    • 公益財団法人慈愛会今村病院分院リハビリテーション科 Department of Rehabilitation Medicine,Imamura Bun-in Hospital
    • 明﨑 禎輝 Akezaki Yoshiteru
    • 厚生年金高知リハビリテーション病院リハビリテーション科 Department of Rehabilitation,Koseinenkin Kochi Rehabilitation Hospital

Abstract

本研究では,身体機能と歩行能力を測定し,どのような身体機能が強く歩行能力に影響を及ぼすのか検討した. 対象は当院に入院していた脳卒中片麻痺患者17名とした.測定項目は屋内歩行能力,10m最大歩行速度,下肢Brunnstrom-stage,感覚障害の有無,下肢荷重率,20cm台からの立ち上がり動作,片膝立ち,Berg Balance Scaleの項目中における左右の肩越しに後ろを振り向く動作と麻痺側・非麻痺側360度回転動作とした. 結果,20cm台からの立ち上がり動作,左右の肩越しに後ろを振り向く動作,麻痺側・非麻痺側360度回転動作では歩行自立群と歩行介助群間で有意差を認めた(p<0.05). これらのことから,20cm台からの立ち上がり動作,左右の肩越しに後ろを振り向く動作,麻痺側・非麻痺側360度回転動作は,歩行自立に影響する要因であることが示唆された.

Journal

  • Journal of Kochi Rehabilitation Institute

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 13(0), 23-25, 2012

    Kochi Rehabilitation Institute

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009322450
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11643653
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1345-5648
  • NDL Article ID
    023834808
  • NDL Call No.
    Z74-B959
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top