マンガとライトノベルにおける姿形・言葉・ジェンダー表現 -英語訳・独語訳と比較して- Gender-expressions of the characters in Japanese, English and German mangas and light novels

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本語原作のマンガや文芸作品などでは.登場人物の性別が明かされずに物語が進み,途中で,性別が明かされることがある。この手法は,読み手の想像をかきたて物語を面白くする効果がある。それではそういった日本語原作のマンガや文芸作品が他の言語に翻訳された場合はどうなるのだろうか?英語や独語では,主語を省略することがほとんど不可能であるし性別が明白な代名詞を用いる。そこで本研究では,登場人物の本当の性別を伏せて物語が進む日本語作品が英語や独語に翻訳された場合に,どのように表現されたり,工夫されたりしているのかを解析した。その結果,日本語原作の直訳に近い翻訳例,逆に原作に忠実でない意訳された翻訳例が見出された。さらに原作よりも早く性別を明かしてしまっている翻訳例も見つかった。これらの翻訳は,翻訳者が日本人かどうかによって異なるようであった。本報告は,秋田大学教養基礎教育科目「総合ゼミ」の講座C「文化にみられる性」において、平成23年度I期の授業で展開された成果報告でもある。

In Japanese mangas or light novels, some stories involve the characters whose biological sex cannot be identified by their hair styles, faces, clothes and conversations. In Japanese, subject is able to omit in the sentences, however, unable in English or German sentences. It is easy to hide the sex of characters in the stories written in Japanese. In this study, we analyzed how those characters are described in the English or German translations of Japanese mangas or light novels. When the translator is Japanese, the translations have literal translations. But when the translator is not Japanese, the translations have free translations. This report depends on the "Gender and Sex in Culture" course of "Special Seminar" which is one of the Akita University General Education.

収録刊行物

  • 秋田大学教養基礎教育研究年報

    秋田大学教養基礎教育研究年報 14, 47-54, 2012-03-26

    秋田大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009326760
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11343081
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13449311
  • NDL 記事登録ID
    025877576
  • NDL 請求記号
    Z71-C482
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ