英国の小学校の授業過程におけるICT活用の目的・頻度・タイミングに関する事例調査  [in Japanese] Case Study of Teachers' Purpose, Frequency and Timing of ICT Use in Primary Class in UK  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

英国において,日常的にICTを活用している小学校教員の国語と算数の授業過程におけるICT活用の目的・頻度・タイミングを調査した.その結果,1)教員のICT活用の目的は,一般的な授業過程における目的と類似し,2)一授業におけるICT活用の回数は3,5回,一回のICT活用の時間の平均は9.6分であり,3)授業の前半の15分と,後半の5分は,70%を超えた授業でICT活用が行われ,4)授業過程の前半ではPCが,後半にはVisualizer(実物投影機)がIWB(電子黒板)と組み合わされて活用されることが多い等が明らかとなった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 35(Suppl.), 73-76, 2011

    Japan Society for Educational Technology

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009327506
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    023515475
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top