体験に基づく話し合いによる情報モラル学習の効果 : グループ編成に着目して  [in Japanese] Case Study of the Information Morals Education Based on Experiences and Discussion : Focus on the Difference of Study Group Organization  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

チャット体験を基にした情報モラル学習を,話題が合う者同士のグループと無作為グループで実践した.児童は授業開始時のチャット体験での気付きを共有し,ネットコミュニケーションの留意点をグループで話し合い,授業終了時に再度チャットを行った.授業開始時のチャット体験は,両グループとも問題のある発話が多く,特に無作為グループは,相手を意識した発話ができず,意味不明の発話が多かった.授業終了時には,両グループとも問題のある発話は減少した.留意点を考える活動では,無作為グループは態度面に関する留意点が少なかった.意味不明の発話が多く,ネットコミュニケーションの内容が判別しにくかったためと考える.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 35(Suppl.), 177-180, 2011

    Japan Society for Educational Technology

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009327532
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    023516008
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top