大学紀要というメディア : 限りなく透明に近いグレイ?(<特集>灰色文献) The characteristics of university research bulletins in Japan : are they transforming from "grey" to "transparent"?(<Special feature>Grey literature)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本の紀要,特に大学紀要の現状について,その定義の困難さ,歴史,掲載論文の特性,質についてのこれまでの議論に着目してレビューした。紀要が学会誌や専門誌に取って代わられなることなく継続して刊行されている理由を,特に人文社会科学における研究や研究者の意識などから検討した。また紀要の電子化について,機関リポジトリの発展および大学図書館間のILLの状況を踏まえて現状を述べた。最後に,学術情報メディアとしての紀要の質の確保と,紙媒体と電子版が共存するハイブリッド環境下において書庫狭隘化に直面している大学図書館における合理的な紀要管理の方向性について議論した。

The author reviews the present situation of kiyo or Japanese university research bulletin, focusing the difficulty of the definition, history, characteristics and quality of papers appears in kiyo. The reason why the kiyo has published continuously without being replaced by society or specialized journals is discussed from the viewpoints of the scholars in social science and humanities. The digitization of kiyo was described in connection with the development of institutional repositories and interlibrary loans among university libraries in Japan. The author also discusses the way to maintain the quality of papers appeared in kiyo and the way to manage the library collections where many libraries face the lack of storage space in Japanese university libraries.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 62(2), 72-77, 2012

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009328052
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    023407494
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ