CSR活動の経済性評価―マテリアルフローコスト会計革新の可能性― Estimating the Profitability of CSR Rerated Activities: A Possibility of Innovation in Material Flow Cost Accounting

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本稿の目的は,CSR(corporate social responsibility)活動の経済性評価を支援する管理会計手法の可能性と課題を抽出することにある.企業がCSR活動の影響ないし効果を経済性の観点から評価したいと望むのは,組織の内外のステークホルダーから当該諸活動が企業ならびに社会の持続的成長・発展に寄与するものであるとの合意を引き出し,CSR活動の持続可能性を確保したいとの思いがあるからだ.ただし,CSR活動の内容が多岐に及ぶことにくわえて,管理会計の貢献領域も限られているといわなければならない.本稿では,CSRのもっとも重要な活動に位置づけられる環境保全活動の進展をもたらすアプローチとして多くの企業が期待を寄せるマテリアルフローコスト会計(:MFCA)に的を絞り,その意義と課題を抽出する.しかる後に,当該アプローチのさらなる革新の可能性を示唆するものとして日本ユニシス・サプライ株式会社のケースを取り上げ,検討をくわえる.</p>

<p>This paper discusses the potential of management accounting tool that supports to estimate the profitability of CSR(corporate social responsibility) rerated activities. Every firm hopes to estimate the effects or influences of these activities on their economical performance, since they must reach a consensus on the activities to their stake-holders and secure the sustainable execution of CSR. The contents of CSR rerated activities, however, are put on various, and the domain that management accounting could contribute is limited. This paper focuses on material flow cost accounting(MFCA) with which many firms are hoping for a marked improvement in environmental preservation that is the most critical activity of CSR, and identifies the significance and problems of MFCA. In addition, the paper investigates a case of Nihon Unisys Supply Co. as a innovative application of MFCA</p>

収録刊行物

  • 管理会計学 : ⽇本管理会計学会誌 : 経営管理のための総合雑誌

    管理会計学 : ⽇本管理会計学会誌 : 経営管理のための総合雑誌 18(2), 53-64, 2010

    日本管理会計学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009328271
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10538994
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0918-7863
  • NDL 記事登録ID
    10684330
  • NDL 雑誌分類
    ZD31(経済--企業・経営--会計・簿記)
  • NDL 請求記号
    Z4-1414
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE  NDL-Digital 
ページトップへ