湯たんぽの表面温度の経時的変化からみた安全性の検討-湯たんぽの種類と湯温の違いから- The Safety of the Hot Water Bottle in Relation to Temperature Changes of Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 奥山 真由美 OKUYAMA MAYUMI
    • 岡山県立大学保健福祉学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University
    • 神宝 貴子 [他] SHINPO TAKAKO
    • 岡山県立大学保健福祉学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University
    • 重西 桂子 OMONISHI KEIKO
    • 岡山県立大学保健福祉学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University
    • 村上 生美 MURAKAMI IKUMI
    • 岡山県立大学保健福祉学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University

抄録

臨床や家庭で多く使用されている3種類の湯たんぽ(ゴム製、プラスチック製、金属製湯たんぽ)について、湯温の違いによる湯たんぽの表面温度の経時的変化から安全性の検討を行った。その結果、ゴム製湯たんぽは、ネルカバーを掛けた場合には湯温50℃で、パスタオルで3層に巻いた場合には湯温55℃で安全性が確認された。蓋付きのプラスチック製湯たんぽは、湯温60℃で安全であると思われたが、80℃の湯温では低温熱傷を起こす可能性が示唆された。市販のネルカバーで覆った金属製湯たんぽは容量が2000cc、湯温60℃の場合でも低温熱傷を生じる危険性が高く、3種類の湯たんぽのなかで使用に際しては最も注意が必要である。

This experimental study was performed to examine the safety of three types of hot-water bottles commonly used in hospitals and at home: rubber, plastic, and metal hot-water bottles in relation to temperature changes of the water. As a result of this study, the rubber hot-water bottle was confirmed to be safe when covered with flannel and the temperature of hot water was 50℃, or when it was wrapped in three bath towels, one over the other, with the temperature of hot water at 55℃. The capped plastic hot-water bottle was considered to be safe at 60℃, but there was apossibility that a moderate temperature burn might be caused at 80℃. The commercial, flannel covered, metal hot-water bottle with a capacity of 2,OOOcc was at great risk of a moderate temperature burn even at 60oC. It was found that the metal hot-water bottle was the most dangerous of the three types of hot-water bottles.

収録刊行物

  • 岡山県立大学保健福祉学部紀要

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 13, 57-65, 2006

    岡山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009394416
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10488896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13412531
  • NDL 記事登録ID
    8785653
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-B588
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ