CHLAC特徴量の錐制約部分空間表現による動作分類  [in Japanese] Activity Recogition Based on Cone Restricted Subspace Expression of CHLAC Features  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 佐藤 竜太 SATO Ryuta
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba
    • 亀田 能成 KAMEDA Yoshinari
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba
    • 大田 友一 OHTA Yuichi
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba

Abstract

本論文では,監視カメラに映る様々な物体の動作を,CHLAC特徴量をもとに分類する方法を提案する.位置不変で加算可能なCHLACは,映像解析における有力な画像特徴量の一つと考えられ,複数の対象の異なる動作をまとめて表現することができるとされる.本論文ではCHLAC特徴量と相性の良い錐制約部分空間により動作を表現し,それにより単独で発生する動作と複数で発生する動作の分類を行えることを示す.歩行や自転車による移動,拾得動作を含む6種類の動作を組み合わせた動作に対する実験を通して,提案した単独の動作が発生している場合・複数種類の動作が発生している場合の分類器の性能評価を行い,提案手法の有効性を確認した.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion)

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(3), 645-655, 2012-03-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  21

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009418773
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    023561460
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top