紫外線による皮膚における免疫抑制とその役割 The Biological Role of UVB-Induced Cutaneous Immunosuppression

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

皮膚は外界と体内を隔離する巨大な臓器である. 外部からの様々な異物の侵入を防ぐバリアーそのものであり, さらには効果的に異物を排除する免疫システムも兼ね備えている. 外部からの刺激の中でも「光」, 特に「紫外線」に焦点を当ててみると, 皮膚におけるメラニン合成が高まり, 過度の紫外線曝露から回避するシステムなどが一般的に知られているが, 皮膚における免疫の抑制が生じることも皮膚科領域では広く認知されており, この現象を利用して様々な皮膚疾患の治療が行われている. この紫外線による皮膚の免疫抑制には調節性 T 細胞の誘導が重要で, その詳細な機序を我々のグループなどが解明した. この紫外線による皮膚における免疫抑制は, 外部から曝露される様々な物質に対する過度の反応を抑えることで, 皮膚の炎症による自己崩壊を阻止していると考える.

Skin is a large organ which protects our inner body from external stresses. Skin serves not only as a physical barrier but also as an important immune system. Ultraviolet rays B (UVB) activate melanin synthesis by melanocytes in the skin. Melanin, in turn, absorbs UVB and protects the skin from overexposure to UVB. In addition, it is generally known that UVB suppresses immune reaction in the skin. This phenomenon is applied to the treatment of cutaneous diseases such as psoriasis and vitiligo. UVB-induced immunosuppression is mediated by regulatory T cells (Tregs). We and other groups have figured out the mechanism of UVB-induced antigen specific immunosuppression. Here we propose that the role of UVB-mediated immunosuppression is the inhibition of self-destruction against external stresses.

収録刊行物

  • 産業医大誌

    産業医大誌 34(1), 77-83, 2012

    学校法人 産業医科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009418878
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0009832X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-821X
  • NDL 記事登録ID
    023561603
  • NDL 請求記号
    Z19-1000
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ