戦前期日本の鉄道業における木材利用 : 国有鉄道の枕木調達を中心に The Japanese Government Railways (JGR) and timber procurement in the prewar period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の目的は,産業化における木材利用の視点から,とくに産業資材としての木材に注目し,国有鉄道による枕木の調達・利用方法を明らかにすることである。近代日本の産業化の過程において木材は,エネルギー,資材,原料として利用され,木材の需要構造の変化や供給不足などに対応して,長期的な木材所要量の確保は各産業にとって克服すべき課題となった。1870年代以降,鉄道網の拡張に伴い枕木需要は拡大し,国有鉄道は1909年度分の枕木購入に際し「一般競争入札」から「随意契約」に調達方法を変更した。さらに国有鉄道は,1930年度に予算不足により枕木買入単価を引き下げて所要量を確保するため,調達方法を「指名競争入札」に変更したが,1933年度には「益金」が増加して予算不足が解決され,また木材市場が回復したために再び「随意契約」に戻した。こうした調達方法の変更を通じて国有鉄道は木材市場や予算の変化に柔軟に対応したが,単年度主義の予算制約から長期的な枕木確保の対応策をとれなかった。国有鉄道は,使用樹種の拡大や防腐枕木の利用により枕木不足を解消しようとしたが,とくに1930年代後半以降,枕木不足は深刻化した。

In the Japanese industrialization process, procurement of stable supplies of timber was essential for industries because of its vital role as a raw material, as a source of energy, and for use in construction. The purpose of this article is therefore to examine the issue of timber procurement through a case study of the supply of timber for use as rail sleepers by the Japanese Government Railways (JGR) during the prewar period. JGR's need for wooden sleepers increased as its network expanded, and in 1909 it switched from competitive tendering to sole-source contracts in order to secure stable supplies at prices within its annual budget. In 1930, at a time of budget restrictions, JGR changed its policy to invite tendering in order to secure low prices, but in 1933 economic conditions improved and it returned to sole-source contracts. Thus JGR adapted its supply procurement practices to meet changes in both budget and timber market. However, despite efforts to utilize a wider range of trees and preservative treatment of wood, it experienced increasing difficulty in finding supplies from the late 1930s onward.

収録刊行物

  • 社会経済史学

    社会経済史学 76(4), 547-570, 2011

    社会経済史学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009419374
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406090
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0038-0113
  • NDL 記事登録ID
    11157934
  • NDL 雑誌分類
    ZD12(経済--経済学--経済史)
  • NDL 請求記号
    Z3-408
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ