携帯端末用の音声情報案内システム開発に向けたネットワークサービスの検討 Design of a network service for developing a speech-oriented guidance system used on mobile comuputers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では携帯端末用の音声情報案内システム開発に向けたネットワークサービスソフトウェアの開発について検討する.このソフトウェアは2002年11月よりコミュニティセンターに設置されたたけまるくんシステムを基礎としている.本システムは,音声認識,対話管理,テキスト音声合成を統合したシステムである.WWWサイト開発者にも使いやすいような,Software-as-a-Service (SaaS) を目指すとともに,熟練した開発者や研究者にも使いやすいパッケージとしての展開を検討する.In this paper we propose a novel speech service software for speech-oriented guidance systems. This software has been developed based on Takemaru-kun system, that is implemented at a community center since Nov. 2002. It is consisted of several modules, such as, Automatic Speech Recognition, Dialog Management, Text-to-Speech, Internet browser, and Computer Graphic Agent. This software and toolkit is plan to be freely distributed. It will be used as the speech service software as Software-as-a-Service (SaaS) for WWW site developers, and also used for an upgrade system of our system for advanced developers or researchers.

収録刊行物

  • 研究報告音声言語情報処理(SLP)

    研究報告音声言語情報処理(SLP) 2012-SLP-92(1), 1-6, 2012-07-12

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009422498
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ