この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

個人が複数の携帯情報端末を所有し,そこで得られたあらゆる音声データをクラウドに蓄積することが容易になりつつある.このように音声情報処理の周辺環境・技術が激変していく中で,音声情報処理技術のより一層の高度化が求められている.その期待に応えるためには,クラウド処理を前提とした音声研究プラットフォームの構築と,それを基盤とした新しい音声研究のパラダイムが必要である.本稿では,現在までに培われてきた音声情報処理技術を概観した上で,新しい研究パラダイムの方向性とそこで生じる新たな課題について議論する.Recently most individuals have come to use mobile information devices, and daily upload the information obtained by such devices to Internet Cloud. Accordingly the applications of speech information processing have been changing drastically. We need to create a new paradigm for the research and development of speech information processing to adapt to this change. In this paper, we summarize the state-of-the-art speech technologies, propose how to create a research platform for this new paradigm, and discuss the problems we should solve to realize it.

収録刊行物

  • 研究報告音声言語情報処理(SLP)

    研究報告音声言語情報処理(SLP) 2012-SLP-92(4), 1-7, 2012-07-12

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009422501
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ