下肢運動状態の認知を支援する着用型発光センサスーツ A Wearable Light-emitting Sensor Suit for Supporting the Lower-limb Motion Perception

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,下肢運動状態の計測および使用者と観察者による直観的な運動知覚を実現する着用型発光センサスーツを提案する.センサスーツは,伸縮性を担保した着用型のウェアにおいて,対象筋より計測した表面筋電位に基づき輝度を算出し,筋の位置および筋の外形に合わせた形状により体表上において実時間での面発光提示を行うものである.また,備えたセンサにより身体動作にともなう関節角度を同時計測することで,高度な筋活動情報である筋張力の提示も可能である.これらにより,既存のシステムでは困難であった身体動作と複数筋の動員様式を実時間で同時把握することを支援している.センサスーツを用いた知覚評価実験を通し,静的・動的状態における知覚特性を示すとともに,自身および他者とのインタラクションを活かした次世代リハビリテーション,体育トレーニング,コーチングにおける実応用検証の結果を記述する.This paper proposes a novel technique for visualizing lower-limb motion by means of surface electromyography and measuring kinematics of human motion. We developed a wearable light-emitting sensor suit that indicates lower-limb muscle activity on the surface of the body in real time, by displaying the shape of the innervated muscle on the position of targeted muscle. The developed sensor suit allows users to perceive muscle activity in an intuitive manner. Multiple sensing of biological information realizes advanced visualization of muscle activity such as muscular tension on the suit. A cognitive experiment was conducted to evaluate the system performance and verify the advantage of the developed sensor suit. We also investigated the possible applications of the developed suit in the fields of rehabilitation and physical training.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 53(4), 1360-1371, 2012-04-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009423587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024042831
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ