「全国方言文法辞典」におけるWebによる調査データの報告システム開発について  [in Japanese] On Development of Web Based Report System of Investigated Data for "Dictionary of National Dialect Grammar"  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

方言研究の中でも方言文法には多くの調査データが必要である.そこで調査データを報告し,自動的にデータベース化を行うシステムを構築している.このシステムでは方言研究者の求める学術的なデータ収集を目的としている.これを使うことにより,多数の地方における統一した調査結果が素早く収集,共有でき,方言文法研究に役立てることが可能となる.まだ本運用には至っていないので本報告ではそのシステムの概要について述べる.The study of dialect grammar needs a lot of research data . We are constructing a investigation report system which automatically make databases of collecting data. The aim of his system is collecting academic data that dialect scholars need. By using this system, we can rapidly collect data from many region, can share and can serve the study of dialect grammar. Because it is not operated officially, we give an overview of the system.

Journal

  • 研究報告人文科学とコンピュータ(CH)

    研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2012-CH-95(3), 1-6, 2012-07-28

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009424956
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top