学術情報システムの機能拡張について-京都大学地域研究統合情報センターの試み-  [in Japanese] Expansion of Academic Information Systems - Case Study of Center for Integrated Area Studies, Kyoto University -  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

地域研究統合情報センターでは,地域研究を支援する学術情報システムとして地域研究情報基盤の研究開発を継続している.地域研究情報基盤を構成するデータベース群は,サーバ機能として設計されているため,検索手順やユーザインタフェースを利用者のニーズに応じて変更することは困難である.そのため研究用情報ツールとしては柔軟性が低く,地域研究情報基盤の利活用を考えている研究者が抱く不満の一つとなっている.最近のWEBおよびXML技術を利用することにより,この状況の改善をめざした取り組みを行っている.それらのうち,本稿では,研究者自身がデータベースを容易に構築できることを目指した「Myデータベース」と,Myデータベースにおいて柔軟な検索機能を実現するためのREST形式のAPIについて述べる.The Center for Integrated Area Studies Kyoto University has developed the Information Infrastructure for Area Studies (IIAS). As databases of IIAS have designed as server-side functions, researchers are difficult to modify retrieval logics and user interfaces by their purposes. This low flexibility of the system is a cause of dissatisfaction of researchers who want to use IIAS. We are trying to improve this situation by introducing latest WEB and XML technologies. Among our trials, this paper will describe two issues; My-Database that is designed for researchers easily to develop and modify databases by themselves, and REST-like API to give My-Database flexible retrieval functions.

Journal

  • 研究報告人文科学とコンピュータ(CH)

    研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2012-CH-95(8), 1-8, 2012-07-28

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009424961
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top