『宝性論』弥勒著作説の下限年代再考:――敦煌梵文断簡IOL Khot S 5とPelliot 2740の接合復元と年代推定―― Dating the Earliest Source that Attributes the Ratnagotravibhaga to Maitreya::Sanskrit Fragments IOL Khot S5 and Pelliot 2740 from Dunhuang

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 印度學佛教學研究

    印度學佛教學研究 60(2), 957-951, 2012

    日本印度学仏教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009425682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018579
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL 記事登録ID
    023527606
  • NDL 請求記号
    Z9-55
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ