仏教の勝利かシヴァ教の勝利か:―― 9世紀カシュミールの詩Kapphinabhyudaya研究―― Triumph of Buddhism or Saivism?::A Study in the ninth century Kashmirian poem Kapphinabhyudaya

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Kapphinabhyudayaは9世紀カシュミールの詩人Sivasvaminによって著された長編詩である.2007年に龍谷大学よりこの作品の新しい校訂版が出版され,その研究は新たな段階を迎えた.その第一歩として,本論文では,従来仏教詩であると考えられてきたこの作品は,そのような表面的な意味に加えて第2の意味レベルを備えており,そこでは仏教とシヴァ教の競合,最終的なシヴァ教の勝利が意図されていることを分析する.

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 60(3), 1153-1160, 2012

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009425712
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    023527257
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top